ぷちぷち とは

ごあいさつ

2004年調布グリーンホール小ホールのミュージカル『ドリーミング』に小さな子供達の役で児童館の親子サークルの仲間12名で出演しました。当時、子供達は4才でした。 


地域で音楽のハートをつなぐ願いです。


子供達と一緒に活動したい願いに賛同頂き、元劇団四季の友人たちを中心に立ち上げました。

また、子供達のお父母様の支えや地元住民方々のご支援のお蔭で活動を続けております。この度、調布市社会教育団体として登録認定されました。


実力の有る講師陣が指導しておりますので、タップだけでは無く 幅広くミュージカルを通し日常では学べない舞台芸術を学んで頂ければ幸いでございます。


同時にママたちの健康のためのバレエストレッチ教室も開催しております。


タップダンスに!ミュージカルに!ご興味のある方はお気軽に見学にいらしてください。

ぷちぷち代表/長野 康子

ぷちぷちの理念

人の心に響かせ、自分の心に響かせ、感じ合うことにより生きる喜びを共有する。

子供たちの個性を尊重し、磨き、一人一人が慎ましく、温かく、そして、勇気を持って輝ける人材に成長するよう地域の皆様と共に一丸となり、心身の向上表現の向上に取り組んでまいります。


ぷちぷちの目的

子供たちのエネルギッシュな表現力と、タップダンス、歌、演技における躍動感を通じてご覧頂く皆様に勇気・感動をお伝え致します。

舞台芸術に於ける団結力の結晶を観客、そして関係者共々と共有してまいります。

配役による個人の責任感、状況に対応する為の他者への思いやりの心、観客の前で動じる事の無い勇気を伝え、育ててまいります。


ぷちぷちと交流のある方々

医療法人団体 桐光会

調布病院

かしわ園

三鷹ホーム セントケア

調布子ども家庭支援センター すこやか

社会福祉法人 六踏園

調布学園

その他 地域関係者のみなさま


ぷちぷちに協力していただいている方々

調布サレジオ教会

天神前自治会館

富士見児童館

富士見地域センター

下石原地域センター

調布希望の家

調布市文化会館たづくり くすのきホール/むらさきホール

調布市民文化祭演劇祭実行委員会